2018/07/08 熊本B.9 V1

 

 

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20180715040122j:plain

 

f:id:newsong:20180715040143j:plain

 

f:id:newsong:20180715040225j:plain

f:id:newsong:20180715040242j:plain

f:id:newsong:20180715040308j:plain

 

 

 

 

 

 

熊本暑いー。

市電もバスもSuicaが使えるのが地味に助かる。 

熊本城が地震の影響で閉鎖。街中をうろうろしていたら、神宿がほぼ路上のようなところでライブをしていた。

 

B.9は外にコインロッカーがあるものの、小さ過ぎて、旅行の荷物は入らなかったので、近くのデパートのコインロッカーを利用。終演時間が夕方で助かった。

会場に入ってみると段差の数が多いことに気づく。
機材席まで3段、その後ろにも段差があって、帰りに数を数えてみたら5,6段くらいあった。キャパ600でこれだけ段あったら観やすいなー。
この日は比較的番号が良かったので、2段目だったけど、後ろでもけっこう見えたのではないかと思う。

 

音すごく良かった!
ボリュームは確保しつつ、破綻することもなく、聴きたい音がちゃんと聴こえる。
ステージ下手でコンソールをいじっていたお姉さんの腕がいいのだろうか。場所のせいかもしれないけど、はっきりとわかるレベルで良かった。

 

 


真山さん、福岡公演の自己紹介で「イマドキ革命girl」と言いそうになった話から、星名さん(この日はポニーテール)が真山さんの髪飾りをつけているという話。真山さんは中山さん用に作られたものの、ボツになった髪飾りを装着。


MC。「熊本暑い」から、「寒くなる話を」という事で、小林さんが怖い話を披露。
星名さんいわく、「話は怖くないんだけど、笑って話すから逆に怖い」。
中山さんはこの話が大好きで、毎年聞いているとのこと。


「MISSION SURVIVOR」。特にMCなどで触れることはなかったものの、裏口入学が話題になっている今、タイムリーな曲。今やらないでいつやるの!と思っていたのでやっときたー。

 

「でかどんでん」のサビに入るところで柏木さんが小さくジャンプするのとてもよい。


「イート・ザ・大目玉」、この会場に合っていた。本来こういう所でやる曲なのかもしれない。それにしてもツインボーカルで誰と誰が組んでも最高だなー。


「EBINOMICS」、ごめんねって手を合わせてモニタースピーカーに足をのせる小林さんのやさしさ……。


レア曲も入れつつ、ライブハウス映えする曲多めで最後に「永遠に中学生」。
今回は香川公演の時のようにはみ出ることもなくきっちり歌って大団円。
最後に柏木さんが「熊本また来るからねーーーーー!!!」

 

最後のMCで小林さんのノリツッコミ披露。
一回目の「誰が小林アホ(歌穂)じゃ!」がウケたのをいいことに、「誰がゴールデンレトリバーじゃい!」をやったものの、一回目ほどのウケをいただけず、「後で(どう返せばウケたのか)答え教えて」と、ステージ上で反省会を始めるところが師匠譲りだなあと思いました。

 

メンバーも香川で一回ライブハウスバージョンをやっているから、この日は少し余裕もあった気がする。いいライブでした。

間近で観る星名さんはダンスがいい意味でドヤってるのが印象に残った。

 

視覚的にも、音も、これ以上のエビ中体験はもうないかもしれないというくらい満足した一日だったので、ここでスパッと引退するのが美しいのかなあとか考えてしまった。

でも、またベストを更新してくれると信じて、もうちょっとエビ中見ていたい。

 


空港行きのバスの運転手さんが、突然大量に乗ってきた乗客に驚いて、他のお客さんに「団体かなにかなの?」と聞いている姿にニヤリとしつつ帰宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

www.instagram.com

 

 

lineblog.me

 

lineblog.me