2019/11/13 アニメイト池袋本店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191207225359j:plain
アニメイトの隣にharevutaiがあることをこの日初めて知りました

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191207225406j:plain

 

f:id:newsong:20191207225428j:plain

f:id:newsong:20191207225414j:plain

f:id:newsong:20191207225420j:plain

 

 

 

 

 

 

8階の階段で開場前から並んでいたところ、17:50、突然の退去命令。
えええ……、さっきまでスタッフが頻繁に出入りしてたのに何も言わなかったじゃないですか……。
とりあえず列をキープしたまま下のフロアへ行くとそれも許されず、目的もなく7階をさまよう踊り子たちオタクの群れ。
とりあえず店内をうろうろしたのですが二次元の世界は文字の情報量が多いんだなと思いました。タイトルとかやたら長い。
18:15に改めて「整列」開始。
整列はしたものの、準備が押しているらしく、しばらく待機。


入場してみると、イベント毎に設定は違うらしいのだけど、この日は中央に通路があり、それを挟んで左右に8席ずつの計16席が1列。それが5列あって、その後ろがスタンディングエリア。
TOKYO FM ホールのような感じで、どこでも観やすそう。
前説のワーナー中西さんによると「最も押さえるのが難しいリリイベ会場」とのこと。なんだか誇らしげ。
確かにステージ広いアクセスいい観やすいと三拍子揃った会場、それも頷ける。でも入場前の仕切りはクソでした!(大声)

アクセスの良さもあって仕事帰りのスーツ姿も多い。

開演前、Instagramのストーリーの山崎さんのテンションが高くてアニメイトのつよさを知る。

 

flash
この日はステージが広く、バレエのような踊りの優雅さが堪能できた。既に耳なじんでいることや、激ムズカップリング曲「パレードがはじまる」を聴いたことによって、当たり前にやっているように見えるけど、この曲だって絶対難しいはず。
それをレッスンの苦労も見せずに難なくこなす姿に心のなかで手を合わせる。


「パレードがはじまる」
歌だけ、踊りだけでも難しそうなのに両方同時進行とか無理じゃね?と思わせるこの曲。
2回目の披露だというのに全く不安を感じさせない仕上がり。メンバー自身も難しいって言ってたし、実際聴いてみると絶対難しいはずなのにスイスイやっているように見える……。
イントロを皮切りに曲のあちこちで入ってくるデンデデン!の部分、どうやってリズム取ってるんだろう……。


最後は「New Stranger」なんだろうなー、と思っていたところに「ささやかな祝祭」。そうか、これもアニメ主題歌だった。ずいぶん久しぶりな気がして、懐かしさすらありました。


最後のMCで寺口さんからharevutaiでの定期公演TRIAL Vol.2の発表。
まだVol.1もやってないのに早い!
開演時間もいつもより遅いしアニメイトのお隣だから今日来た人はみんな来れるね、と寺口さん。
それを聞きながら、「もしかしたらもうチケット発売してるのかな……」と不安だったのですが、まだでした。オサカナ運営はそれをやりかねないからこわい。

「日本一押さえるのが難しいリリイベ会場」の隣、しかもできたばかりのハレブタイをこんなにバンバン使えるっていうのはやっぱりワーナー(ポニーキャニオン)の力が大きいんだろうなー。

この日もちょこちょこハウリング。今までそんな事なかったのにどうしたんだろう。


特典会のために再登場したsora tob sakanaのみなさん。流れてる曲に合わせて踊りだす神﨑さんを見て、「ああー、本当に歌とダンスが好きなんだなー」とぐっとくる。


特典会で山崎さんにカップリングの「踊り子たち」、すっごい好きだけど難しすぎないですか?と聞いてみたら、まだ練習してないとのことだったので、初披露はもう少し先になりそう。
未だに披露されていない「乱反射の季節」枠になってしまうのだろうか……。


帰りの池袋駅で、どこの現場でも見かける、ももクロ姐さんの例のリュックを見かけて、「これが「売れる」ってことか……」と震えながら帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp