2020/02/08 Shibuya O-EAST,Shibuya O-WEST,duo MUSIC EXCHANGE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

soratobsakana.tokyo

 

 

 

shibuya-o.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20200511230730j:plain

f:id:newsong:20200511230736j:plain

 

 

 

 

 

オサカナの朝は早い。まじで早い。物販開始10:30……。


開場20分押しのアナウンス。
リストバンド交換後一瞬O-EASTに入りかけるもここオサカナじゃない!とギリギリ気づいてあわててO-WESTへ。
WESTに到着するとまだ最前空いてる!やったー!
12:30、影ナレでメンバーから開演前の諸注意。読んでる感丸出しかわいい。この日は撮影禁止ということがハッキリしてスッキリ。
開演前にはWESTパンパン。圧縮要請のアナウンスが何度か入る。

「whale song」で登場したsora tob sakana。神﨑さんの「天体の音楽会始めます。」で天体の音楽会スタート!
3曲終わると「天体の音楽会楽しんでいきましょー!」のセリフとともにささっと退場。帰るの早い!

とりあえず柵があって楽だし、しばらくWESTに滞在してJYOCHO、siraphまで見て退場。
タイムテーブルを検討した結果、耳を休める&ご飯を食べるなら15時台しかないと判断。

ご飯を済ませてduo MUSIC EXCHANGEへ。
sora tob sakanaが始まる頃にはduoパンパン。1階はもちろん、2階の関係者席も人いっぱい。寺口さんだったかな?「こんなに入ってるduo初めて見た」って言ってたけど、5月の風間さん最後のduoで踊るオサカナやった時も同じくらいパンパンで、フィロのスさんが同じことを言っていたのを思い出した。

オサカナが終わると同時にduoから抜け出して特典券の交換。これは後々わかったことだけど、ここで焦って交換しなくても終演後に全券種交換できました。とはいえこの時点ではそんなことはわからないので並んで交換後、O-EASTへ。


O-EASTに到着してみるとラブリーサマーちゃんからfhánaさんへの転換時間&オサカナ特典券交換タイムか重なったせいかガラガラ。とりあえず2列目へ。
fhánaが始まる頃には人いっぱいになっていたのでタイミングがよかった。

fhánaはMacBook&鉄琴?担当の人が強烈で、めちゃめちゃ盛り上げてくれた。熱心なファンの人が一人ステージに上がってるのかな?みたいな感じで、ああいう人がいると初見の自分みたいな人は助かります。


メンバー紹介で「サポートメンバーとしてandropの……」、ああっ!andropは知っている!「エビ中の永遠に中学生(仮)」でめちゃくちゃCM流れてた!あとうしろシティ!こんなところで出会うとはー。

fhánaが終わると、目の前のファナさんのオタクが抜ける。えっ……、いいんすか……?崎山蒼志くんさんとsora tob sakana band setという今日一番観たい二組の最前譲ってくれるんすか……!?ほんとに……?とか考えるまでもなくスッ...っと最前列へ。ファナさんのオタクありがとうございます!まじうれしい!!!


崎山蒼志くんさんという名の圧倒的才能の前に我々平凡人はただただひれ伏すしかない。すごい。なんだこれ茶畑の王子様か。
転換時間に幕の向こうでやっているサウンドチェックの段階でもうお金が取れる。
ソロももちろん素晴らしいけど音楽的に気の合う人たちとバンドとかやってほしいと思いました。sakiyama soushi band set。合う人を探すのが大変そうだけど。

 

大トリは待ちに待ったsora tob sakana band set!
転換時間中に後ろを振り返ってみるとフロアも2階の関係者席もパンパンのパン。
こんなに人いるのになんで普段CreAtoで普通に観れてるんだろうと不思議になる。

ステージと最前の柵の間にカメラマンが入る。カメラはソニーのFS5 II+キヤノンのレンズ。
カメラのモニタをのぞいてみると設定は1080の24p。このカメラなら2160の60pで撮れるのにどうしてこの設定なんだろう。最終的に1080で出力するにしてもマスターはそのカメラで撮れるMAXいい映像で残せばいいのにというのは素人考えなのでしょうか。編集の都合とかなのかな。
ともあれ、これだけ本気のカメラで撮影した円盤化できるレベルのsora tob sakana band set映像がある。あるのはわかっているんだぞワーナーブラザースジャパン!お願いします!


最前で観るsora tob sakana band setはまさに夢の時間で楽しかったという感覚以外はほとんど覚えていないのですが、「New Stranger」で真横を向いて波動拳ポーズをキメた寺口さんがギターの庫太郎さんと目を合わせてとびきりの笑顔をしてたのは覚えてます。庫太郎さんずるい!ジェラス!

最後の「Lighthouse」。ラストで楽しくなりすぎてセンターポジションに戻るのが遅れた山崎さん。最高に楽しんでる!というのが伝わってきて、この日一番グッときてしまった。最高に楽しいのに泣いてしまいそう。

 

終演後の特典会でようやくドリンク。バーカウンターに並んだ人たちが口々に「「パイナポーワンダホー」ください」「「ウェッ」ください」「「見た目が綺麗なの」ください」。
この日摂取したひさしぶりの水分「見た目が綺麗なの」、体にしみました。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20200511230833j:plain

f:id:newsong:20200511230841j:plain

f:id:newsong:20200511230848j:plain

f:id:newsong:20200511230855j:plain

f:id:newsong:20200511230900j:plain


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com