好きな松野さん

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 2015年お正月のustreamで「今年は肩を鍛えたい」とか言い出して、「???」となっていたら、「服をきれいに見せるには肩がカッチリしてた方がいい」とか言い出して、「プロのモデルさんだ……」、と震えました。

 

 

 

 

 

2019/07/23 文化放送サテライトプラス

 

 

 

 

 

www.joqr.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190806215059j:plain

f:id:newsong:20190806215110j:plain

f:id:newsong:20190806215122j:plain

 

 

 

 

初めての文化放送。いつもここでラジオの収録してると思うと感慨深い。
浜松町駅と大門駅の目の前だから、sora tob sakanaを知らない人達もたくさん通りそう。

サテライトプラスは屋根があって、時折風も吹き抜けて意外と快適。
ただ、すぐそばを山手線と京浜東北線が通る。

前2列は椅子。9x2の18席。
ステージは狭い。ステージ両端に貼られたバミリ番号が2。メンバー3人でも狭い。高さは標準的なフリーライブの高さ。


開演前には「ささやかな祝祭」と、そのリミックスが交互に流れ続ける。これがパソコン音楽クラブのリミックスかー。
元のバージョンよりも歌が際立って聴こえてこれも◎🙆


18:45 リハーサル。
「New Stranger」を1コーラスと少し。

開演前に諸注意。
コール、ジャンプOK、モッシュ、ダイブNG。


ライブが始まってしまえば電車の音は全く気にならなかった。
ステージが狭くて、山崎さんが後ろに落ちそうになる瞬間があってヒヤッとする。それでも下を見ないで歌って踊るのすごい。

「New Stranger」、いつも大体やるし、こっちも当たり前のように聴いてるけど、改めて考えてみるとこれ難しい曲だよなー。なんか普通にやってるけどすごいなー。

MCで寺口さんが突然「~ござる」とか言い出す。ど、どした?忍者?
神崎さんいわく今日は寺口さんの機嫌がいいらしい。


「ささやかな祝祭」は表題曲だからもちろんやるとして、「ブルー、イエロー、オレンジ、グリーン」はフリーライブの設備だと低音が出せないからやらないのかなあ。


帰ってきて初めてフルで聴く「乱反射の季節」かっけえ……。今回のシングルの中で、sora tob sakanaのパブリックイメージに一番近い曲だと思う。これおそらくツアーファイナルでバンドで聴けるのやべえ(やべえ)

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

skream.jp

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/21 246ライブハウスGABU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190806211311j:plain

f:id:newsong:20190806211318j:plain

f:id:newsong:20190806211325j:plain

f:id:newsong:20190806211408j:plain

 

f:id:newsong:20190806211904j:plain

 

 

 

 

 

 

246ライブハウスGABU。変わった名前だ。
開場前からコインロッカー使用可。数も多い。ロッカーの大きさは小さいけど、入らないものに関してはクロークもあるという最高会場。

その反面、開場待機列は空調のない階段。暑い……。


会場の横幅はUNITより広そう。
待機場所が過酷だった分、空調の効いたフロアは天国。

 


UNITと同じようにステージ上には白い幕。
そこに投影される草原と星空。
開演直前には満天の星空に。
頭上には白いポンポンと二つのミラーボール。


ステージの高さはまあ、普通?特別見やすくもなく、ダメでもなく。
開演前SEはUNITと同じだったような。この段階でVJも始まってるし、ここもツアーの一部。
開演前SEですでにズンズン鳴っている低音。始まってみたら音めちゃよかった。


入場SE、綺麗なだけではなく、若干不穏な雰囲気もあってとてもよい。

この日は大阪でよく言われる「ノリがいい」という感じともまた違って、なんだか独特。前日の加賀温泉と比べても、普段そんなに来てない人が来てる感じがあって新鮮。
 

この日の初披露曲「タイムトラベルして」。「World Fragment Tour」の中でもかなり難しそうな曲。山崎さんの歌い出しがビシッと決まってこっちがガッツポーズ。

こんな難しい曲が歌えるのになぜMCは……、いや好きだよ!そんなところも好き!!!(大声)


「ブルー、イエロー、オレンジ、グリーン」で空気が震えるくらいの低音。
山崎さんが「ブルー、イエロー、オレンジ、グリーン」みたいな踊らない曲は緊張するみたいなこと言ってたけど、この曲は客席から見て逆光で照らされるので、ああっ、こっちが見られている!みたいな気持ちになってこちらも緊張しています。
ステージ奥から照らされたメンバーがシルエットになってとてもきれい。

ツアーのコンセプトの中心に据えられる扱いの「ブルー、イエロー、オレンジ、グリーン」。このツアー中は間違いなく聴けるとしても、その先が心配。大好きなのでどうか干されないで!🛐
あと、設備の限界でこの重低音が出せないリリースイベントでもこの曲やるのかな?というのも気がかり。

 

MCで、ツアーファイナルの申し込みが今日までだよ、というお話。もう既に申し込んだ身としては、言わないで!これ以上応募者増やさないで!できればシブヤノオト放送前に締め切ってほしかった!の気持ちでいっぱいなんですけどどうなんですかね。当たりますように……🛐🛐🛐


寺口さんの歌声がマイクに乗って、めちゃよかった。レーザービームみたいに声が通ってた。


246ライブハウスGABU、アクセスも悪くない、開場前に使えるロッカー、クローク、いい音響、周囲に飲食店がある、といいところばかりの会場だったので、大阪のライブハウスでやるならまたここがいいなー。

 

 


この二日間、移動時間が長かったので、以前から気になっていた「サカナとヤクザ」を読んだのですが、とてもおもしろかったので、夏休みの読書感想文の題材としてオススメです。
おいしいお刺身もお寿司も鰻も暴力団なしには成り立たないらしいよ!

  

www.shogakukan.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tokyo Idol Festival 2019 の sora tob sakanaさん


 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.pablo3.com

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/20 瑠璃光

 

 

 

 

 

 

www.kaga-fes.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190804002516j:plain

 

 

 

ツアーの大阪日帰りだけだとなんだか出張感があるけど、石川県、それも加賀温泉となると一気に旅行感が出てきてお得……。
そして、ライブが2つになることで一回あたりの交通費が半減したような気になってお得……。そう、これはお得……。
と自分自身に暗示をかけて行ってきました加賀温泉

加賀温泉駅に到着すると、曇ってるし気温はそれほどでもないけど、とにかく蒸し暑い……。
会場行きのバスは満車。一見してオサカナ目当てとわかるような人は見当たらない。

畑?水田?の中を走り抜けて15分程で今回の会場となる旅館に到着。
周囲は普通に住宅が立っていて、温泉感はあまりない。
ここまで来るとといつも見る顔がたくさん。Tシャツとか見なくてもわかるザ・おまいつの皆さん。


開場前にオタクのカラオケ大会があり、その後入場開始。
スタッフがハイタッチで出迎えてくれるのが恥ずかしい。iPhone発売のニュースで見たアレをまさかここで体験する事になるとはー。

 

 

 

f:id:newsong:20190804004902p:plain

入場してすぐsora tob sakanaの待つ大宴会ステージへ。
入口で靴を入れるためのビニール袋を渡されて、靴を脱いで入場。
入ってみるとこれは……、大宴会場ですね……。(そのまま)
幅も奥行も広くてCreAtoが4つくらい入りそう。
下が畳なのでみんな地べたに座って開演待ち。
こういうのなんかいいなー。
ステージは低いけど、客席のスペースが広いので人と人との間が広くて見やすい。
客がいっせいにジャンプしたら床が抜けそうで心配してたけど大丈夫でした。


ステージと最前列の間に区切られたスペース。普通のライブだったらカメラマンとかが入りそうな場所。そこにいる人はスタッフかと思っていたら、どうやらそこがVIPエリアらしい。ある意味晒し者に近くてメンタルの強さが求められそう。
このVIPエリア、どのステージにもあったので、お目当ての人(グループ)が複数いるなら余裕で元が取れると思う。

開演前にひとっ風呂浴びてきた浴衣の観客が入ってきて普段とは違う雰囲気でいい……。
ステージ奥には松の絵が描かれた壁。それを背に歌い踊るsora tob sakana。ステージ上には提灯。
なんだこれ……。いい!
畳の上で見るsora tob sakana。足の裏の感覚がいつもと違って不思議な気持ち。

「New Stranger」、「広告の街」、「ささやかな祝祭」は100パーやるとして、あと何やるのかなーと思っていたら最後に「ribbon」!好き……。

特典会の会場も畳の部屋でいつもと違う雰囲気。特典会のレギュレーションを尋ねる人の姿もあって、新しいファンも獲得できたみたいでよかったよかった。

 

 

f:id:newsong:20190804003959j:plain

大宴会ステージのPAブース

 

 

 

 

f:id:newsong:20190804004023j:plain

物販、特典会会場も畳の部屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190804004926p:plain

次は同じく大宴会ステージでamiinA
sora tob sakanaを追っていると名前を目にする機会の多いamiinA
見るのは初めて。
手足が飛んでいっちゃうんじゃないかと思うくらい、踊りが激しい。少しバレエの要素が入っている気がする。
見てるうちに「これ、振り付け師の人、歌うことを考慮してないのでは……。鬼……。」と心配になってしまうくらい激しく踊る。
その上で歌も100パーセント歌う。すごい。
途中、靴も靴下も脱いで、観客席に降りてくるamiinAさん。当然のように歌って踊るためのスペースを空ける観客。
同じ目線の高さで歌って踊るのを見るとより一層凄さが伝わってくる。
「エンドレスなんちゃら~」みたいな曲が良くて、帰ってきてから調べてみたけど見つからなかった。

 

 

 

 

f:id:newsong:20190804005022p:plain

続いてラウンジステージでおかもとえみ。いやこれラウンジステージっていうかロビーの片隅……。お客さんはパンパン。
「ヒットナンバー」聴きたかったのに「皆さん一緒に歌いましょう」って……。いや、おかもとえみの歌が聞きたいのであって観客の歌が聴きたくて加賀温泉まで来てるわけじゃないんだ……。右後ろのお姉さん歌うまかったけどそれじゃないんだ……。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190804005052p:plain

若干沈んだ気持ちでクラブステージの映画へ。
元はといえばsora tob sakanaきっかけで聴くようになった君島大空と羊文学の塩塚モエカが一緒に演奏している動画を見て、いいなー、と思っていて、映画の後のトークショー&ミニライブに出るというので、これは映画から見た方がいいんだろうな、と。
全く予備知識なしで、しかも途中から見始めたこの映画がめちゃくちゃよかった。日常があって、それぞれ悩みがあって、クリームソーダを飲んで。
なんとなく「ズッコケ三人組」っぽさあった気がする。


映画自体おもしろいし会場空いてて涼しいし、映画体験として最高でした。
トークショーで監督が話したところによると、映画の中でクリームソーダが度々出てくるのは「孤独のグルメ」が好きで、その影響を受けているとのこと。
塩塚モエカの口から「君島大空君にギターを弾いてもらっている」という言葉が出てきたとき「つながったー!」とちょっと感動しました。

ミニライブは本当にミニで2曲だけのアコースティックセット。この日、アゲてく会場が多かったので、ここでチルアウトできてよかった。

 

kaikogirl.com

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190804010110p:plain

bird。ギタリストの人と二人でアコースティックセット。ギターめちゃうまでした。
いつもオサカナ現場にいる人を見かけた。
あの人やついフェスの七尾旅人でも見かけたから趣味が合うのかも。

スケジュールの都合で?物販の時間が取れないらしく、突然ステージ上でタオルを売り始めるbirdさん。
「欲しい方は前へ出てきてください」とステージ前の柵を開くbirdさん。
MCで物販紹介するのはよく目にしてきたけど、ステージ上で手売りするのは初めて見た。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190804010248p:plain

最後に大宴会ステージでリリカルスクール
新体制になってからはあまり追ってなかったけど、知ってる曲多めでよかった。
大宴会場+リリカルスクールはめちゃくちゃ相性良かったので宴会場ツアーやろう!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190804012531j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「シブヤノオト」を見て長い一日が終了。

f:id:newsong:20190804011607j:plain

 

 

 

f:id:newsong:20190804011610j:plain
いい歌詞だなー



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190804011738j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅館に置いてあったので石川土産に頂きました

f:id:newsong:20190804012236j:plain

f:id:newsong:20190804012240j:plain

f:id:newsong:20190804012244j:plain

f:id:newsong:20190804012247j:plain

f:id:newsong:20190804012251j:plain

f:id:newsong:20190804012254j:plain

f:id:newsong:20190804012301j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星名さんからのお年玉が届きました

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190802015004j:plain

 

f:id:newsong:20190802015046j:plain

 

 

2月号(2018年12月末発売)の「豪華お正月プレゼント」が時空を超えて今週届きましたやったー!

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190802015208j:plain

転売禁止の注意事項が蛍光ペンで塗られててこわい

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/15 TOKYO FM ホール

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20190725000859j:plain

f:id:newsong:20190725000905j:plain

f:id:newsong:20190725000911j:plain

f:id:newsong:20190725000916j:plain

f:id:newsong:20190725000922j:plain

f:id:newsong:20190725000928j:plain

f:id:newsong:20190725000934j:plain

f:id:newsong:20190725000940j:plain

f:id:newsong:20190725000947j:plain

f:id:newsong:20190725000953j:plain

f:id:newsong:20190725000959j:plain

 

f:id:newsong:20190725001016j:plain

f:id:newsong:20190725001004j:plain

f:id:newsong:20190725001009j:plain

 

 

 

 

 

 

 

15分遅れで開場。珍しい。

ロビーに輪投げと魚釣り?が用意されて縁日感。

輪投げが意外と難しそうだった。

 

 

椅子席は6列。
TOKYO FM ホール、改めて見ると横に広くてスタンディングにしたらけっこうな人数を入れられそう。
関係者席にご家族と思われる方々がずらっと並ぶ様子はまるで授業参観。


研修生の「クラウチングスタート」。半年ぶりにやったらしい。
いつもならsora tob sakana MIXが入るところで観客が無言になるのが新鮮でした。
この日から新たな研修生(10期生らしい)が入ったとのことで、全部で16人?お、多い……。一桁年齢の子が普通にいてやばい(やばい)

 

2ヶ月ぶりに見る開花。
5月に見た時には緊張の色が濃くて、恐る恐るの部分も見えたけど、すっかり表情が柔らかくなってて、全員しっかり歌えるしとてもよかった。
百岡さんの髪の長さが百岡さん史上ベストだったのでキープしてほしい。
新曲「星雲少女」もフェスでぶち上げるぜ!みたいな曲ではなく、「いい曲」系。めっちゃ早口の歌詞だった。
セミロング」が好き。


パンダみっく。
本来4人のグループなので苦しいは苦しいんだけど、今の2人でできることを。
辻村さんのダンスが以前見たときよりもキレていた気がします。
「Count Down Baby」やっぱり好きだなー。


sora tob sakana、新衣装の効果もあって、他のグループと比べてぐっと大人っぽく見える。
「Lightpool」、「Summer Plan」、「ささやかな祝祭」。
最初のブロックが終わってMC……、と思ったら「以上、私たちsora tob sakanaでしたー」
ええっ、短っ!

後で聞いたところによると、「Flying Penguin Records Showcase」がちゃんとステージをやるイベントで、「ふらぷろ祭」はみんな仲良くゲームをやったりするゆるいイベントという位置づけらしい。
そ、そうだったのか……。

 


その後は全グループ参加のクイズ大会と紙飛行機飛ばし大会。
山崎さんが終始「無」になっているのが気になって逆に目が離せない。終盤に開歌の南雲さんとちょっとお話する姿が見えてよかったです。


最後の曲フリで神﨑さんが見事に噛んで笑いを持って行く。持ってるなー。
最後の曲は全グループ全員で「ふらっぺアイドルぷろじぇくとのテーマ」。とにかく人数が多くて、かなり広いはずのステージが狭い。1列目と2列目が入れ替わるときに体がぶつかるくらい狭い。

 

特典会の待ち時間、寺口さんが神﨑さんと山崎さんに何度も壁ドンしている。最初は片手のドンだったのが両手ドンになり、最終的に両足でもやってみよう!みたいにジャンプしてたのおもしろかった。ステージ上よりイキイキしていた可能性ある。


TOKYO FM ホール、視覚的にはいいんだけど、ホールの構造や設備の問題で音がどうしても物足りない。
この会場は干してもいいかな……、いやでも見やすさの点ではかなりいいし……、でも音……、見やすさ、音、見やすさ……(花びらをちぎりながら)

 

 

TOKYO FM タイムテーブルを頂いて帰りました。

 

f:id:newsong:20190725001744j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

www.instagram.com

 

 

 

ameblo.jp

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp