2019/11/13 アニメイト池袋本店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191207225359j:plain
アニメイトの隣にharevutaiがあることをこの日初めて知りました

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191207225406j:plain

 

f:id:newsong:20191207225428j:plain

f:id:newsong:20191207225414j:plain

f:id:newsong:20191207225420j:plain

 

 

 

 

 

 

8階の階段で開場前から並んでいたところ、17:50、突然の退去命令。
えええ……、さっきまでスタッフが頻繁に出入りしてたのに何も言わなかったじゃないですか……。
とりあえず列をキープしたまま下のフロアへ行くとそれも許されず、目的もなく7階をさまよう踊り子たちオタクの群れ。
とりあえず店内をうろうろしたのですが二次元の世界は文字の情報量が多いんだなと思いました。タイトルとかやたら長い。
18:15に改めて「整列」開始。
整列はしたものの、準備が押しているらしく、しばらく待機。


入場してみると、イベント毎に設定は違うらしいのだけど、この日は中央に通路があり、それを挟んで左右に8席ずつの計16席が1列。それが5列あって、その後ろがスタンディングエリア。
TOKYO FM ホールのような感じで、どこでも観やすそう。
前説のワーナー中西さんによると「最も押さえるのが難しいリリイベ会場」とのこと。なんだか誇らしげ。
確かにステージ広いアクセスいい観やすいと三拍子揃った会場、それも頷ける。でも入場前の仕切りはクソでした!(大声)

アクセスの良さもあって仕事帰りのスーツ姿も多い。

開演前、Instagramのストーリーの山崎さんのテンションが高くてアニメイトのつよさを知る。

 

flash
この日はステージが広く、バレエのような踊りの優雅さが堪能できた。既に耳なじんでいることや、激ムズカップリング曲「パレードがはじまる」を聴いたことによって、当たり前にやっているように見えるけど、この曲だって絶対難しいはず。
それをレッスンの苦労も見せずに難なくこなす姿に心のなかで手を合わせる。


「パレードがはじまる」
歌だけ、踊りだけでも難しそうなのに両方同時進行とか無理じゃね?と思わせるこの曲。
2回目の披露だというのに全く不安を感じさせない仕上がり。メンバー自身も難しいって言ってたし、実際聴いてみると絶対難しいはずなのにスイスイやっているように見える……。
イントロを皮切りに曲のあちこちで入ってくるデンデデン!の部分、どうやってリズム取ってるんだろう……。


最後は「New Stranger」なんだろうなー、と思っていたところに「ささやかな祝祭」。そうか、これもアニメ主題歌だった。ずいぶん久しぶりな気がして、懐かしさすらありました。


最後のMCで寺口さんからharevutaiでの定期公演TRIAL Vol.2の発表。
まだVol.1もやってないのに早い!
開演時間もいつもより遅いしアニメイトのお隣だから今日来た人はみんな来れるね、と寺口さん。
それを聞きながら、「もしかしたらもうチケット発売してるのかな……」と不安だったのですが、まだでした。オサカナ運営はそれをやりかねないからこわい。

「日本一押さえるのが難しいリリイベ会場」の隣、しかもできたばかりのハレブタイをこんなにバンバン使えるっていうのはやっぱりワーナー(ポニーキャニオン)の力が大きいんだろうなー。

この日もちょこちょこハウリング。今までそんな事なかったのにどうしたんだろう。


特典会のために再登場したsora tob sakanaのみなさん。流れてる曲に合わせて踊りだす神﨑さんを見て、「ああー、本当に歌とダンスが好きなんだなー」とぐっとくる。


特典会で山崎さんにカップリングの「踊り子たち」、すっごい好きだけど難しすぎないですか?と聞いてみたら、まだ練習してないとのことだったので、初披露はもう少し先になりそう。
未だに披露されていない「乱反射の季節」枠になってしまうのだろうか……。


帰りの池袋駅で、どこの現場でも見かける、ももクロ姐さんの例のリュックを見かけて、「これが「売れる」ってことか……」と震えながら帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/12 タワーレコード新宿店

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

soratobsakana.lnk.to

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191204222748j:plain

f:id:newsong:20191204222800j:plain

f:id:newsong:20191204222808j:plain

f:id:newsong:20191204222817j:plain

 

 

 

 

flashフラゲ日。

初日はおなじみのタワーレコード新宿。
リリース週じゃなくても来る所なので、どんな場所かわかっているのと引き替えに新鮮味はない。

この日はいつもよくある30分前ではなく、本番直前のリハーサル。「flash」を途中まで。
どうやらモニター音が聴こえにくいらしく、「「flash」は慣れてるから大丈夫だけど……」と、「激ムズカップリング曲」への不安を示唆する山崎さん。
ハウリングが盛大に起きてしまったこともあり、その調整にも時間がかかって、やや遅れての開演。

開演してからもこの日来ていた照井さんと音響スタッフが話し合いながら調整。一曲目の「flash」をやっている最中もその話し声がめちゃ聞こえてたけど、その甲斐あってその後は音も落ち着いていた。

ステージがとても狭い中で、メンバーがスペースをうまくやりくりしているのがうかがえる。

flash」リリースのご挨拶が終わると山崎さんが意を決したように他の二人に「……(次にやる曲のタイトル)言うよ?」。
そう、タイトルを言ったら曲が始まってしまう。激ムズカップリング曲「パレードが始まる」初披露。
まだ音源も聴いたことがなく、正真正銘この瞬間に初めて聴く曲。
難しい難しいとは聞いていたので、ある程度覚悟はしていたもののなんやこれ!
「この曲を作ったのは誰だあっ!!」って海原雄山も言ってましたよ(?)
もうこっちは全然リズム取れない!でもオサカナの皆さんは何食わぬ顔でやってのけている。なんやこれ……。好き……。
メンバーがあんなに心配していたにも関わらず、この初披露で目に見えるような明らかなミスはなかったように思います。すげえ……。

 

 

最後はおなじみの「New Stranger」。
途中でステージ端のパーテーションに手をぶつけてしまう寺口さん。イタタタ。ステージが狭すぎるのが悪いんや!
ハイスコアガール」の曲だから今回のリリイベではほぼレギュラーになるのかな?

 

最後のMCで寺口さんが「これ、言っていいんだよね?」とステージ脇のスタッフに確認。その話ぶりから悪いお知らせではなさそうだ、と少しほっとする。

「大事なお知らせ」は2月8日に「天体の音楽会Vol.3」をやるよ、渋谷のライブハウス三軒使うサーキットイベントだよ、と。

あの、「大事なお知らせ」というセンシティブな単語を使ってオタクの心を抉るのはやめてください……。


「天体の音楽会」、三ヶ所ということで、同時間帯に三人それぞれソロで各会場に散らばるとかいう鬼の所業をやってくるんじゃないかと震えています。

 

CDというブツを手に入れて改めてブックレットをながめてみると、アー写が白い白すぎるという民の声に耳を傾けたのか、通常盤のメンバージャケ写が「黒くすりゃいいんだろ!」とばかりに黒い。多分白と黒で対称にしたかったんだと思います。表情がほとんど見えないジャケット。でもかっこいい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

ameblo.jp

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ototoy.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/07 CreAto

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191204202828j:plain

f:id:newsong:20191204202835j:plain

アー写が白いのになりました

 

 

 


一ヶ月ぶりのCreAto。
音もいいし、やっぱりいい会場だー。


ヒューリックホールで見た「silver」のメンバー分身VJがCreAtoでも再現されたのだけど、やっぱり少し笑ってしまうなー。

MCで「今日は新潟の話をします」ときちんと話を用意してきたオサカナの皆さん。おおお?ついにMCにテコ入れが入った?
新潟のカラオケ屋で動画を撮る際、スタッフがノリノリでぐいぐい来るので戸惑ってしまったという話。
「お刺身を食べた」という話の時に「共食い……」と思ってしまった。
テーマを決めてちゃんと話すMCよかった。よかったです!(大声)

 

 

 

 

 

 

 


「透明な怪物」、オサカナを好きになるきっかけの曲だったので感無量。メンバーのパフォーマンスはもちろん、歌に聞き入る会場の雰囲気も含めて素晴らしかった。


MC終わりに山崎さんが「プール」と口走ってしまったことで次の曲が「Lightpool」だとバレてしまい、「うわーん(>_<)」みたいになってた(かわいい)(最高かわいい)(好き)。
それにしてもセットリストに「Lightpool」が入るとライブ全体が締まる感じがする。かっこいい。

ribbon」終わりで真ん中の神﨑さんが両サイドの二人にアイコンタクトでニコッとしたの尊かった……。

最後の曲、「夏の扉」のイントロで寺口さんが「今日最後の曲です」と言ってみたり、スタッフが新体制になってからの変化が感じられた一日でした。


全体的に夏っぽいセットリスト。
ひさしぶりのCreAtoだったせいもあってか客席の温度も高めでよかったなー。

 

 

 

 

 

open.spotify.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/06 マイナビBLITZ赤坂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

www.instagram.com

 

 

lineblog.me

 

 

  

www.instagram.com

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191204141335j:plain

 

f:id:newsong:20191204141342j:plain

 

f:id:newsong:20191204141315j:plain

f:id:newsong:20191204141321j:plain

f:id:newsong:20191204141329j:plain

 

f:id:newsong:20191204141303j:plain

f:id:newsong:20191204141309j:plain

 

 

 

 

 

 

この日のサカス広場は野球ビューイングやってました。
まだ序盤だし全然人いなかったけど、決勝くらいまでいったら人集まるのかな。
そういえば赤坂BLITZのLED壊れてたのにいつの間に直ってた。

 

 

 
ファミコン」、「売れエモ」の爆アゲ曲でアゲて、わりと早い時間帯に撮可タイムのお知らせ。時間が早めだったのは「コンディションが整っているうちに」とのことで、星名さんらしい。


幕間の映像ではパンケーキ作り。「星名美怜 x 料理」でつまらないわけがない。最高。ここで出てきたそわんわんさんはまあよく星名さんのインスタで見るけど、菅沼ゆりさんはTOKUFUKU LIVEがきっかけだったのかな。

www.up-now.jp

 

www.cookpad.tv

 

 


それにしても「ザ☆ピ~ス!」、「ここでキスして。」あたりの、意識してないんだろうけど、おじさんが好きそうなところを自然と選曲してくるあたりナチュラルボーンおじさんキラーという感じがします。


MCでは「みんなは友達……、ってわけじゃないじゃない?、でも、友達や家族みたいにお互いの事をよく知らないからこそ話せることもあるから、(特典会で)みんなも私に悩みを相談してほしいし、私も話したいと思う」。星名さん……😢

翌日がエビ中の校長の誕生日だという事にも触れるやさしい星名さん。秋田分校での共演者の女の子の時に続いてやさしいファインプレー。

tiktokを撮影しよう!という話になったところで、「みんなtiktok見てないでしょ!知ってるんだから!」
アッ、図星……。

 

開演前に予告されていた謎の大物ゲスト。誰なんだろう?何山りかさんなんだろう?と話題を呼んでいましたが真山りかさんでした。それはそうですね。
この日はオフだったところを星名さん自ら出演交渉して登場してもらったとのこと。他のメンバーも赤坂には来てたらしいので「エビ中なんやねん」の収録だったのかな?
二人で「中目黒の冬風…NAMIDA」と「リフレインが、ずっと」。
最後のパートで中央に来る二人。手を差し出す真山さん。驚きつつもその手を取る星名さん。


星名美怜のテキトー歌謡ショー」、客席からお題(けっこう難しい)が出てから体感3秒くらいで「整いました」になるの、ラジオでは聴いていたけど、生で観ると衝撃がものすごい。賢いとかを超越した何か別次元の人に見えるし、本人はそんなに凄いと思ってなさそうなのが怖い。一曲やるごとに「すげー!すげー!」ってなってた。
星名さんまじ量子コンピュータやで……(?)


開演前は「やっぱりまだフルでライブやるのは難しいから真山さんのサポートが入るのかな」とか思ってたけど、そんな事はなくて、心配とかいりませんでした。星名さんすいませんでした。


あの、主にネット上で「イケてる」ことを揶揄するような風潮あるじゃないですか。自分の中にもその気持ちがないわけじゃない。でも、「イケてる」の権化のような星名さんを見てると「イケてる」ことは悪くないじゃん!むしろ最高だろ!と思うんですよね。星名さん最高だろ!

 

そういえば赤坂BLITZ終了のニュースあったけどいつなのかなー、と調べてみたら時期未定。まだまだ先らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191204141348j:plain

f:id:newsong:20191204141354j:plain

 22歳だから22:00だったのかー(今気づいた)

 

 

 

 

 

 

 

 

www.tiktok.com

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

  

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

 

lineblog.me

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

lineblog.me

 

 

blog.stardust.co.jp

 

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

natalie.mu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191204220327j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/10/28 マイナビBLITZ赤坂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

lineblog.me

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191204135532j:plain

f:id:newsong:20191204134336j:plain

f:id:newsong:20191204134342j:plain

f:id:newsong:20191204135537j:plain

f:id:newsong:20191204135826j:plain



 

 

 

 

 

 

1曲目の「青い青い星の名前」スタートは予想外。でも1曲目として意外とハマっていて、これエビ中のセットリストでも使えそう。


「ペコペコリーヌ」は去年の生誕でやらなかったから2年ぶり?
バトンも見事に成功。


「I'm your MANAGER!」 はエビ中に入る前の自分を励ましてくれた曲とのことで、あれ?加入前だったっけ?と思い出してみたら杏野さんの顔が思い浮かんだ。言われてみればそうかー。

www.youtube.com




「Family Complex」の前まで会場の温度がわりと低かったのが、この曲で一気に温度が上がって岡崎体育さんありがとうございまーす。

 


アンコールはザ・アイドルを過剰に具現化したようなフリフリ衣装。わーすたっぽいなーと思っていたらわーすたの衣装も作っている人が作っていたので正解でした。納得。

イントロが始まった瞬間「あぁっ!スリラーや!」と思ったらでんぱ組.incの曲。中山さんアイドル好きだな。

最後は「永遠に中学生」で肩を組んで大団円。


ソロライブはそれぞれの個性が出るものだけど、特に質問コーナーで「わー!」ってじたばたしているような場面でも、全体を冷静に見ているプロデューサー中山さんがいるような気がして、自分が感じている中山さんの二面性がよく出てたように思いました。


いろいろできるアイドルは最高だし最高、やりたいことはどんどんやる、失敗を恐れない、そしてエビ中大好き!という部分で中山さん全くブレてなくてつよい。

本編最後のあいさつも「中山莉子を応援してください!」じゃなくて「エビ中を応援してください!」なんすよ……。主語がエビ中なんすよ……。中山さんなんすよ……。

 

終演後、ロビーの「中山莉子の写真展。」を見たかったけど、激混みだったのであきらめて帰宅。
小林さんの生誕ソロライブの時も思ったんですけど、こういうのを何か別の機会に、たとえばツアーとかリリースタイミングのCD店とかで展示できないものかなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

www.instagram.com

 

 

 

lineblog.me

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

www.instagram.com

 

 

www.instagram.com

 

 

www.instagram.com

 

 

www.instagram.com

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

lineblog.me

 

 

 

 

 

 

natalie.mu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/10/22 浅草花劇場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191119011931j:plain

f:id:newsong:20191119011936j:plain

f:id:newsong:20191119011955j:plain

 

 

 

 

 

 

先に君島大空さんからスタート。
「燃えない呪文」きっかけで知り、普通にアルバムを買って聴いているくらいには好きなので、この日を楽しみにしてた。「夜を抜けて」が大好き。

www.youtube.com

 

 

最初に機材トラブル?があったらしく、バタバタしつつスタート。でも言わなかったらそういうものなのかと思っていた。
アコギポローンな感じだけではないのだけど、やはりギターうまい。「タイムトラベルして」のJYOCHOといい君島大空といい、やっぱり照井さんはギターが好きなのかなー、とか考える。


「夜空を全部」のカバー。sora tob sakanaの夜空が22:00とするとこちらは2:30。sora tob sakanaバージョンと比較すると孤独感が強い。深夜を静かに駆け抜けるような歌声。君島大空改め君島夜空でした。そのままつなげてアコースティックギター一本での「遠視のコントラルト」素晴らしかった……。


そしてsora tob sakanaとのコラボレーション。ツーマン発表の瞬間からこの日が初披露だと信じていた「燃えない呪文」がついに。
風間さんが担当していた歌い出しは山崎さん。月明かりのような透明感のボーカルが息を潜めて見守る会場に響き渡る。


「ありふれた群青」では2番の歌い出しで聞き慣れない声が。え?誰?3人の内の誰かじゃないし、風間さんいないし……、と困惑していたら、君島さん歌唱!レア!
ヒューリックホールの時も思ったんですけど、この曲は山崎さんの歌が特別フィットしていると感じる。音域が声に合っている?理由はわからんけど、とにかくめちゃくちゃいい。尊い。そう、山崎さん、これが「尊い」ですよ……!

ameblo.jp

 


風間さんの卒業公演、先日のバンドセット、そしてこの日のアコースティックアレンジ。特別な時に披露する特別な曲になりつつある気がするけど、いい曲なので普段から普通に観たい気持ちも。

コラボゾーンでは、アコースティックライブを経験していることもあってか、神﨑さんの堂々としたパフォーマンスが印象に残った。


MCはどちらも苦手そうなのがむしろ好相性というかオサカナ新メンバーとして違和感ゼロ。寺口さんが頑張って喋っていて、最年長の頼もしさと苦労が垣間見えました。

 

「ブルー、イエロー、オレンジ、グリーン」は、曲の良さはもちろんのこと、パフォーマンスがまだ安定していないのが逆に魅力的。これは今この瞬間でしか観ることができないものなので是非ライブで観てもらいたい。
それにしても、浅草歌劇場、前回は低音が少し物足りない印象だったのだけど、今回は「ブルー、イエロー、オレンジ、グリーン」が物足りなくないレベルで低音出てた。


「発見」!!!やっっった!!!
寺口さんが座った瞬間に無言でガッツポーズ。
着席で観る「発見」……、とてもいいです……。


そういえば「夜空を全部」と「流星の行方」をクロスフェード?曲間なしでつなげてたの新しかった。きれいにつながっててありでした。


最後のMC中のBGMが「燃えない呪文」のインストバージョン。音源ほしいよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

skream.jp

 

 

 

www.barks.jp

 

 

 

popnroll.tv

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:newsong:20191119012020j:plain